包茎の痛くない治療

包茎の痛くない治療

男性の悩みとして思春期以降に増えてくるのが包茎です。
これは幼少期は亀頭も皮の部分も一体となっているのですが、思春期以降は陰茎が大きくなってくることで、くっついていた亀頭と皮が離れて皮がむけて亀頭が出てくるようになるのです。

この状態が維持されるのが正常なのですが、場合によっては正常時には皮にまた覆われてしまう仮性包茎という状態になることがあります。これは勃起時にはスムーズに皮がむけてくるのですが、皮に覆われている状態が長く続いてしまうため、このまま放置していると次第に亀頭部分が汚れてしまうことにもなります。

また勃起した状態で亀頭が皮から出てこない真性包茎があります。これも同様に内部の汚れが取れない状態になることと、亀頭が敏感で早漏になることもあります。

このような包茎でお悩みの場合は専門医で治療することをお勧めします。
最近の治療技術はとても進歩しているので、真性や仮性包茎で手術をするような場合でも痛くない治療方法があります。
病院へ行くことへの恥ずかしさや、治療の痛みなどを気にする人も多いのですが、不衛生な状態が続くのもよくありません。
早めに治療を行うほうがよいので、専門医に相談をしてみることです。

包茎手術・包茎治療を堺市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ