包茎にならないためには幼児期の予防で対策

包茎にならないためには幼児期の予防で対策

日本人はよく外国人よりもペニスが小さいと言われますが、ペニスが小さいことで生まれる悩みの一つとして包茎があります。
銭湯に行った時など人目が気になったり、自分に自信が持てなかったりしてお悩みである人も多いと思います。
現在日本人の3人に2人は包茎です。

だからと言って安心しないでください。包茎だと性感染症になりやすくなったり、早漏になりやすくなったりと様々な悪影響をもたらします。
包茎の予防法としては幼少期に包皮を剥くといのが効果的です。 日本人が包茎になりやすい理由としてサイズの問題もありますが、幼少期に包皮を剥くという習慣が親にないためでもあります。 

外国では割礼といって幼少期に包皮を切除する習慣があります。
なので日本でも切除はしないまでも幼少期に包皮を剥くという習慣をつけたいものです。 

トイレのときやお風呂の時に包皮を剥く習慣をつけましょう。 最初は痛いと思うので、剥いては戻しを繰り返し徐々に進めていき子供に習慣づけさせましょう。大人になっても一緒でトイレにいった時やお風呂の時やマスターベーションの際に包皮を剥くことを意識するこで十分効果は現れますので小さいことからコツコツと予防をしていきましょう。

包茎手術・包茎治療を堺市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ